無意識から分かる自分の心理×キャリアコンサルタント②~やりたい事を見つけるエクササイズ 2~

無意識から分かる自分の心理×キャリアコンサルタント②~やりたい事を見つけるエクササイズ 2~

2019/11/23


絵から分かる無意識の心理!!

 

下の絵は何に見えますか?

 

画像元: https://www.yourtango.com/

 

A.スカル

B.吊るされた男

C.後ろの柵

D.吊り下げられたボート

 

 

見えた絵で、あなたの弱点が分かる!

 

 

 

A.スカル

 

 

最初に見えたのが「スカル」だった場合、あなたの弱点は不安です。
不安や心配なことばかり気にしすぎ、あなたのチャンスをあらゆる面で逃してしまいます。
あなたは過度に注意深くなることで、あなたの人生を豊かにする多くの経験を遠ざけてしまいます。

改善策
出来るか出来ないかではなく、やってみたいかやりたくないかで考えて動いてみましょう。
仮に失敗しても、失敗はマイナスな経験ではなく、プラスの経験だと体感できるはずです。

 

B.吊るされた男

 

 

最初に見えたのが「吊るされた男」だった場合、あなたの弱点は自分を愛せないことです。
定期的に自己嫌悪になっている可能性が高く、自分を責めてしまうことが多いはずです。自分を過小評価しすぎてしまい、あらゆる面で奥手になってしまっています。

改善策
自分を認めてあげたり愛してあげることが大切です。
出来なかったことではなく、少しでも出来たことを意識して見つけていきましょう
少しでも、「出来た」と思ったら携帯のメモ機能にメモして「出来たことリスト」を作るのがオススメです。
リストを振り返って見た時に、自分のことを少しずつ認められるようになるはずです。

 

 

C.後ろの柵

 

最初に目にしたのが「後ろの柵」だった場合、あなたの弱点は他の世界に対して壁を作ってしまうことです。
失敗したり、思うようにいかない時に、反射的に外と壁を作ってしまうことが多いはずです。
瞬間的には自分を守ってくれますが、その内、その壁が障壁になり抜け出せなくなってしまいます

改善点
常にあなたが前進していることを確認しながら、自分にとって安全だと感じるペースで物事に取り組んで下さい。たまに、少しリスクを取ることも忘れずにいれば、確実に成長していきます。

 

 

D. 吊り下げられたボート

 

 

最初に目にしたのが、「吊り下げられたボート」だった場合、あなたの弱点は完璧主義です。
理想があることは素晴らしいですが、その理想に縛られてしまい自由を失ってしまっています
「理想のリスト」を作ることは良いですが、理想だかりだと現実から切り離されてしまい理想空想になってしまいます。

改善策
理想を作ることと、理想通り進むことを分けて考えましょう。
理想通り進まない時に、どう対処するのかを事前に考えておくと、より自分の理想に近づけます。
「完璧にしたい」という気持ちは「失敗への不安」を隠すための気持ちかもしれません。
失敗はダメなことなど、マイナスな認識を変え、どう対処するのかを事前に考えておくと、成長スピードが加速していきます
なので、理想を持ちながら、失敗を肯定し、その失敗から理想へ近づけていきましょう。

 

自分も他人も知らない自分

 

 

人は、4つの自分がいると言われます。これを心理学では

「ジョハリの窓」

と呼びます。もともとは対人コミュニケーションの為に考えられましたが、今では自己分析や新たな自分を見つける上でも有効な手段になって います。

 

ジョハリの窓

サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリ・インガム (Harry Ingham) が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」を後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。

 

画像元: https://potect-a.com/

 

人には4つの自分の窓があります。


・開放の窓
 自分も他人も知っている自分

・盲点の窓
 自分は知らないけど、他人は知っている自分

・秘密の窓
 自分は知っているけど、他人は知らない自分

・未知の窓
 自分も他人も知らない自分

 

今日の心理テストは、この「ジョハリの窓」「未知の窓」の部分が分かります。
この「未知の窓」は、自分も他人も知らない部分なので、そこに気づけると大きな変化を起こしてくれる可能性を秘めています。
今回の「弱点」に関しては、知らない内に自分で自分の可能性を妨げてしまっている部分です、そこと向き合い対処出来るようになると、自分で気づけなかった自分に気づけるようになります!
自分の「弱点」を敵にするのか、味方にするのかで、人生の可能性は大きく変わっていきます!!

 

まとめ

自分も知らなかった「弱点」によって、自分の可能性を無くしてしまうことが有ります。
なので、この「弱点」を知り、上手に付き合っていく考え方を身に付けて下さい。 そうすると、弱点は足を引っ張るものではなく、自分を成長させてくれるものだと気づけるはずです

 

プロフィール

 

岡田博幸
国家資格 キャリアコンサルタント
国家資格 ファイナンシャルプランナー3級
世界遺産検定3級
英会話スクール 14年勤務(営業部門 TOP)
現 国際イノベーションセンター職員(チーフカウンセラー)